いろいろの気づき

まず、新年早々、一人で散歩、そのとき遭遇したのは、野犬

愛されていない野犬の顔は、怖い。さらに、母犬は、出産直後か乳がたれていて、後を子犬が追っていた。草むらに入っていったので急いで離れた。

河川では、真備の災害の後、土手に生えた木や竹など少しずつ手入れして、きれいになりつつある。実際には川底さらいも放っておかれているので、泥がたまり水深は浅くなっている。土手がきれいになると、鴨も土手を上がり、人気がないと散歩道の近くまで来ている。ニュートリアも安心して姿を見せる。

f:id:masigoka55:20190217113551j:plain

これぐらいはまだ、かわいらしい。

雑草や竹に隠れていた真実も垣間見える。

ある日の散歩、きれいになったなーと眺めていると、このあたりにいる野良猫が、小鳥か何かくわえて、藪に消えた。

散歩の人が餌をいつもあげて可愛がっている、あの猫の野生の一面、

ショックで・・・・

岡山に、内田百閒という作家がいますが、猫好きで、夏目漱石に憧れ、弟子になったかたです。生誕130年ということで、吉備津文学館にいってきたのですが、

猫に関して、幼い頃作文に書いていました。

猫は人家にかわるゝけものにして其の毛色

に三毛、に毛、黒色などありて、よく

ネズミをとろおるゆえに愛せられるども

つくしょうのこと(ちくしょう)

なれば人のいらないところにては

小鳥をとりまた魚をくわゆるなどする

猫もあたるものなり

とあった。

ユーモアがあり、なかなか面白いので、阿房列車を読むことにしました。

f:id:masigoka55:20190217143421j:plain

f:id:masigoka55:20190217150929j:plain

f:id:masigoka55:20190217144644j:plain

f:id:masigoka55:20190217152319j:plain

ノラという小説もかいていますが、猫愛が感じられるのがこちら

f:id:masigoka55:20190217152058j:plain

生家のみ取り図です。

f:id:masigoka55:20190217150721j:plain

いろいろと楽しい。

今日の散歩、春は近づいています。

f:id:masigoka55:20190217113530j:plain

 

 

 

立春、気温12度

昨日の節分、雨天決行のため、吉備津彦神社の豆まきに参加

明日から新年という気持ちで、出かける。

茶屋町の鬼が来ていた。踊ってくれる心優しい鬼だ

f:id:masigoka55:20190203145948j:plain

f:id:masigoka55:20190203153058j:plain

季節の分かれ目は4回ある。節分、立春と続く。

季節の分かれ目には邪気が生じる。今年はさしずめインフルエンザとインフルエンザ様風邪で、たちが悪い。鬼を追い払う意味で豆まきをする。

もう一つ、柊鰯の風習、柊にさして玄関には置かないが、この時期の鰯は一年の中でも塩がほどよくてうまい。鰯が弱りやすいからだろう。

小骨が多くとてもうまいので好きなのだが、うまいと言ってもらえないのがつらい。

恵方巻きももちろん食べました。今年は1/2サイズのものや、細巻きのものとか、高級志向で、カニ、とかもあり工夫がありました。

まだまだ、寒暖の差があり、苦しみますね。

f:id:masigoka55:20190120142915j:plain

気持ちのいい空間、1分間だけ目を閉じて、呼吸に意識を向ける。

平成最後のお参り

いろいろのキャッチフレーズで旅をするものです。

今回は女性の願いを一つだけ叶えてくれる石神さん 神明神社

海女と漁師の町、相差(おうさつ)

広ーい砂浜が広がっていることから、大砂津と呼ばれて変化したという説、または

相差という権力者が治めていたからとか、

伊勢志摩、相差石神 女願成就、ご神体は玉依姫命

f:id:masigoka55:20190120131855j:plain

ここには古木 楠木が長寿の守りとしておいてあり、古木を支える中央の柱は楠木で伊勢神宮より交付されてのものです。

f:id:masigoka55:20190120131903j:plain

言い伝えもあります。

f:id:masigoka55:20190120132114j:plain

堅く丈夫、美しく、すべすべで心地いい。

f:id:masigoka55:20190120131914j:plain

石神様は境内にあります。

f:id:masigoka55:20190120132226j:plain

f:id:masigoka55:20190120132241j:plain

願い事を記帳します。

手作りお守りがあります。海女は守護のおまじない、(ドウマン・セイマン)をイボニシガイから摂れる分泌液で磯首に描くそうです。

朝の生地を伊勢志摩の土で染め、貝紫で文字をかいています。

口紐は叶い結びしてあります。

ドウマンとは、縦5ほん 横4本の九字のおまじないです。昔、 安倍晴明のライバルで多くの目を持ち魔物をひるませたことから、トモカズキなどの魔物がはいってくるのを防ぎます。セイマンとは、一筆書きで元に戻ることから、陸から出て陸に戻るという意味だと言います。

f:id:masigoka55:20190122162420j:plain

海女さんが使う石いかりに、ドーマン セイマンが描いてあります。

f:id:masigoka55:20190120133533j:plain

地域に根付いた信仰の文化です。

さて、そこから横山展望台で、賢島を一望します。

f:id:masigoka55:20190120155306j:plain

やや曇りのため写真が暗いです。

f:id:masigoka55:20190120155005j:plain

50分かなり歩いて、展望台があります。いいところですね。

そして、遊覧船では穏やかな風とおり返し地点から強風、波がすごくてとても楽しく船にしがみつきました。いつもの豪華なクルージングの船はお休みだったからです。

f:id:masigoka55:20190120145749j:plain

 

f:id:masigoka55:20190120144030j:plain

そして、夜鳥羽からは・・・

f:id:masigoka55:20190121062054j:plain

展望台からの夕日は夏ですね、考えてみると・・・

松阪牛と伊勢エビ、アワビのグルメより、露天風呂がよかったですね。

一夜明けて、晴れました。外宮 豊受大神宮 そして内宮 皇大神宮をお参りします。

f:id:masigoka55:20190121112827j:plain

この鳥居の柱は、40年前の正宮を支えていた柱だそうです。木の鳥居がいいです。本来のすがたです。

五十鈴川でリフレッシュします。

f:id:masigoka55:20190121113832j:plain

自然ゆたかな参道をあるきます。

f:id:masigoka55:20190121112933j:plain

みんなが欄干をさすっています。中にはお札が入っているそうです。

いろんなところでご利益を求めます。

f:id:masigoka55:20190121115431j:plain木のあふれる生命力を両手でもらいます。このつや、祈りの色です。

風日祈宮荒祭宮、 正宮とお参りしました。

ところでホテルにはペッパーくんがいました。

f:id:masigoka55:20190121090849j:plain

おかげ横丁では、ずんぐり太い柔らかい伊勢うどん卯の花ドーナツ、赤福赤福餅を食べました。まだまだ楽しみたいところでしたが・・・並んでいるところは敬遠します。

f:id:masigoka55:20190121130247j:plain

f:id:masigoka55:20190121133901j:plain今、素朴な神代餅は自宅でお抹茶とともに食べました。

ええじゃないか、ええじゃないか!!

バスの中から安土城、伊勢安土桃山文化村が見えました。

イルカ島にもいきたいです。平成はこれが最後になりました。

写真やパンフレットをまとめたものを見てみましたが、なんとパンフレットに振り返りがありまして、個人的な大笑いする話が書いてありました。

 

 

 

 

両参り

今年も、諭伽山と金比羅様、両参りです。

江戸時代庶民は旅は禁止されていましたが、この金比羅伊勢神宮など社寺への参拝はできました。むかしは憧れの地でした。

金比羅参りにいけない人が行く人に飼い犬を託して自分の代わりにお参りをしてもらうというお話もあり、こんぴら狗(イヌ)ゴンの像もあります。

まずは、JR琴平駅

f:id:masigoka55:20190110144900j:plain

旧高松街道を歩き始めてすぐ、日本一の高さの、船の航海を支えた高灯籠があります。

f:id:masigoka55:20190110144644j:plain

f:id:masigoka55:20190110143937j:plain

琴電の駅もあります。ちょうど電車が・・

参道のいしだたみが終わると階段が始まります。

ここは御本殿までまで785段、奥社まで1368段あります。

もちろん奥社までいきます。階段はそれなりに大変なのですが、なぜか登り終えたときに、荷を下ろしたように体が軽くなり、少しハイな気持ちになるのです。

それが気持ちよくて、おかげがあるのです。

まずは・・

f:id:masigoka55:20190110114158j:plain

一息入れるごとに、景色も変わります。

f:id:masigoka55:20190110134211j:plain

中に入ると

有名な五人百姓が(加味代飴)を売っています。俗に言うべっこう飴です。

f:id:masigoka55:20190110113752j:plain

さらにすすみます。

神馬もいます。

f:id:masigoka55:20190110133401j:plain

f:id:masigoka55:20190110133417j:plain

年をとっていますが、美しいです。

ここからまた先に進みましょう。ついたかな・・・?と

でも、途中にある、旭社は本殿ではありません。

f:id:masigoka55:20190110132817j:plain

休めるように・・・

f:id:masigoka55:20190110132856j:plain

最後の階段は少し長いです。

f:id:masigoka55:20190110115210j:plain

たどり着きました。

 

f:id:masigoka55:20190110120623j:plain

正面から移せないので・・・右と左から・・・渡り廊下でつながっていて、趣がある生き生きしている温もりを感じる、優しい寺社です。

f:id:masigoka55:20190110120354j:plain

f:id:masigoka55:20190110120418j:plain

10日はお接待がありまして、エネルギー補給もできます。

奥には、海上守護の絵馬、船の写真、が奉納されています。お参りできない船から投げた樽に旗がついたものも、漁師がちゃんとここに奉納してくれるらしいのです。

こま狗の話と同じで、情がありますね。

見渡すと讃岐富士が変わらず美しくたたずんでおります。

f:id:masigoka55:20190110124549j:plain

ここから奥社に向かいます。折れ曲がりつつ、長い参道です。

f:id:masigoka55:20190110122921j:plain

やすみをいれながら、やっと、1368段上り詰めました。

f:id:masigoka55:20190110123747j:plain

ここでお守りをかいます。くじもひきます。ここではよくカメラの調子が悪くなります。真ん中から神様をとらないようにします。清めたまえ、守りたまえ・・・

f:id:masigoka55:20190110123945j:plain

f:id:masigoka55:20190110124002j:plain

右が天狗、左が烏天狗です。

f:id:masigoka55:20190110124126j:plain

さあ、軽い体で降ります。釜玉うどんを食べましょう。

f:id:masigoka55:20190110115735j:plain

ぜんざいと甘酒をいただきました。

帰りに、五色餅を買いましょう。琴平で100年の老舗、白、ヨモギ、アワ、丹波黒豆、タカキビの5色です。

白味噌で、あん餅を入れて食べましょう。これがおいしいんです。

 

 

 

 

3年ぶりの日食

部分日食を散歩中裸眼でみた。

終わる前で、夢中になっていたので、裸眼でシャッターをきったら、目がみえにくくなった。やばい!サングラスなかったから・・・しばらくはまわりが暗く見えた。

f:id:masigoka55:20190106110754j:plain

今年はまた,12月に見られるそうだ。

f:id:masigoka55:20190102102657j:plain

本日は刺繍三昧で、肩こりがすごい。

回復力が超遅い。その日の疲れはその日のうちに・・・

 

 

岩をよじ登り、参拝

ここの八幡様は、学問の神様、受験生が参拝する。ただ山の上にあり足腰が必要になる。今回は地図に載っていないが、かなりの斜度の岩場を汗をかきかき

登る。この登り方でなくとも、神社へは不揃いの石で、ひとまたぎがかなり急な階段で難儀な道のり、

f:id:masigoka55:20190103124617j:plain

上の左の端っこを登ることになる。

f:id:masigoka55:20190103104320j:plain

こういう岩場が延々と・・・

f:id:masigoka55:20190103104337j:plain

ここはまだ真ん中で、一休みして上着すべて脱いであがることになる。

f:id:masigoka55:20190103111156j:plain

展望は、お天気がよいので美しいです。

f:id:masigoka55:20190103112902j:plain

ここはお城だったところで、昔の人はすごいね。

毎日、水や食料を運んだのか?

さて降りて、また、地図にある道を上ります。

f:id:masigoka55:20190103115436j:plain

疲れてエネルギー切れでおにぎりを食べます。最高の味,梅おむすび

今日は散歩も行かず?

新聞の50問クイズのトップ賞があまりに豪華なもので、問題をネットで調べて解いていたのですが、時間がかかります。食事の時間になりました。

熊本の地震はありましたが、とりあえず、日常が戻りそうです。

さて、サッカーもラグビーも応援していますが、自分の日々の回復も目指して、

亥亥としにしましょうか!

 

 

 

 

新年おめでとうございます

餅を食べ過ぎたので,吉備の中山、氏神様でお参りの後、吉備津神社にお参り

今年は、まず上運に向かうおみくじ

桃桜 花とりどりに咲きいでて 風長閑(風のどか)なる庭の面哉

本年も獅子保存会の皆様のおかげで、めでたい。

小さい子供は獅子怖さで、泣き叫んでいます。

子供の獅子もいて、カチカチと鳴らすのがとても上手です。

小さい靴が??女の子もいますね。

f:id:masigoka55:20190101115053j:plain

きちんとできています。今年は,一人一人におめでとうございますと言っていただき気持ち良かったです。

f:id:masigoka55:20190101114404j:plain

よくわからない年齢はいいのですが・・・

f:id:masigoka55:20190101114429j:plain

帰りは1時間ぐらいの散歩、鴨もいます。お父さんのカメラで拡大すると表情がわかり一層楽しいですね。

f:id:masigoka55:20190101132430j:plain

白鷺もいます

f:id:masigoka55:20190101131638j:plain

こんなのも発見、戦時中兵隊さんの手袋になったヌートリです。

f:id:masigoka55:20190101125934j:plain

さあ、始まりました!!今年どんな風に変化するのでしょう?社会も個人も