読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年は立体的にひまわりを

時間がかかりました

どうでしょうか

左右の融合がいまいちですが、想像力がもう一つ

f:id:masigoka55:20160802175618j:plain

世間では、毎日スコールのようなあめがまいにちです。

シンガポールで経験した雨のようです

北極の氷が解けている問題、あの氷の白は太陽の強いエネルギーを反射していて

なんと90パーセントものエネルギーをさえぎってくれていたらしいのです。

溶けて、海の色だと反射せず地球に温暖化のエネルギーへとかえ、

すごい上昇する水分があり、どこかで猛烈に雨として降る。

5000メートル上空との温度の差は、異常気象そのものです

怖いですね。止められない以上、根底から家の在り方、治水のありかた、変えていかないといけないですね。

自分レベルでいくと、身体に対する意識がかわりました。

次の課題、

身体は過去であることを実感、両親にもらい、日々育てたもの

身体としてこの世に出てきたとき、誰もが口をふいてもらい、排泄の世話をしてもらいました。体なくして、われ思うもない。意識や精神が体を支配していると思っていたが

自分の体自体が過去のもらい物、その上にある意識は常に遅れている。

本当に必要な情報にきずかず人は病気になるものだ。そして

他者から支えられてきたこの身体の重みを知るのは、老年になってからだ。

藤本 一司著の『老いから学ぶ哲学』は納得でした、

この夏を乗り切ろう。