読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋晴れ

昨日夜あめだった

今朝は日本晴れ

久しぶりの外でテニスをする。

夏、女性のプレーヤーが外でプレーするときはまさに

イスラムの人かと思うほど目しか出さない。その目もサングラスをしたりして

本当に怪しいいでたち

最近はお顔が少し拝見できる。

そういうグッズが売っている。

さて、秋、我々も刺繍の展示会をしている。

これは、先生の作品

f:id:masigoka55:20151027091934j:plain

f:id:masigoka55:20151027091852j:plain

見に行って写真は撮れないので、名前は伏すことにする。

とにかくすごい先生。

昔は、日本刺繍を学校で習っていたらしいが、なぜだか、今はよその国の刺繍を習う。

養蚕が盛んな頃、明治時代はこの刺繍が輸出されていた。

いろんな意味において、日本の生糸は絶滅。良質のものが生き残ることはできなかった。そして、それらの生産に携わった職人さんも少なくなる。

京都のすごさを考える。

ものを大事に、作り育てて、消費を良しとする時代は終わりにしないと

人間が消費される時代を何も感じなくなるから。

きょうも夕焼けは、茜色に染まるのか…なんだか亡くなる人、亡くなった人のことを考えてしまう。