読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生日

看護の勉強中、死生観を持たなければとよく言われた。
仕事柄、病気や死についてかんがえることがおおい。
還暦を過ぎて、歳をとることは、寂しいものだとつくずく感じる。
周りの人が、病気でつらい思いをするのが分かり、そういう経験が度々のこととなるから
でも、それと引き換えに、赤ちゃんの誕生は、希望と光をもいたらす。
どうしても、人は別れるときが来る。
いま、このとき、感謝している。
でも、若いとき何も見えないから、息子は誕生日だけれど、
何も感じてないだろう。
親が100回子供のことを心配しても、子供は思うことすらない。
それでも、いい時間をくれたから、感謝かなー
友達が病気になったらしい
少し感傷的になった。